白鯨は空っぽの袋だった サフの雑記帳

    日々気になったことを綴ります

    ホーム > スポンサー広告 > 白鯨は空っぽの袋だったホーム > 未分類 > 白鯨は空っぽの袋だった

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
  2. 白鯨は空っぽの袋だった

    白鯨は空っぽの袋だった
     なぜ人間はこれほど狂ったのか?
    岡野聡

    という本が2月に発売されました。

    1851年『白鯨』出版いらい160年間もの間、世界中の思想家、文学者、愛読者が、あれは何の象徴であるか考え続けているが、未だに決着がつかない。そろそろ決着をつけようではないか。

    限定販売なので予約または早期の購入をおすすめします。
    注文は下記の文芸書房出版(03-3526-6568 FAX:03-3526-6576)へ。


    白鯨ビラ



    ポスター

    とある読者(私ではありません)の感想

    村上春樹は60歳を過ぎても「世界は意味をもたない」ことに気づいていない。この本を読んでほしい。
    Haruki Murakami doesn't notice that "the World has no meanings".
    He must read "ModyDicd was a vacant sack" published by Japanese publishing company BungeiShobo.(+81-03-3526-6568) PURCHASE
  3. [ 2014/02/18 14:27 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント欄(0) | edit
  4. コメントの投稿













    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。